ペット葬儀後は埋葬せずに、そのまま遺骨を自宅へ持ち帰っても大丈夫?その際の注意点は?

ペット葬儀後は埋葬せずに、そのまま遺骨を自宅へ持ち帰っても大丈夫?その際の注意点は?

"

ペット葬儀の後は埋葬が必要なのか、遺骨を自宅へ持ち帰っても大丈夫か気になるのではないでしょうか。
ペット葬儀は人間ほど厳密ではなく、火葬のみをしてもらって骨になったペットと一緒に家に帰ることが可能です。
また埋葬の選択は自由ですし、火葬してすぐに埋葬しなくてはいけない決まりもないです。
ただ、火葬をする場合は予めペット葬儀の相談先に希望を伝えておき、自宅へ持ち帰る準備をしてもらっておくことをおすすめします。
遺灰を収める壺についてはそれだと分からないように、持ち歩く際は何かに包んで持ち運ぶ配慮が大事ですし、注意点に挙げることができます。
ペット葬儀で用いられる壺は、色の種類が豊富だったり一見して遺灰が入っていると分からないデザインもありますが、 それでも見る人が見れば分かるので配慮は不可欠です。
当然ですが、埋葬込みのプランを選択して後から不要というのは失礼なので、希望しないなら最初からそう伝えておくこともまた大切なことではないでしょうか。

"

ペット葬儀をするなら火葬場から納骨堂まで完備したペット霊園が良い

"

大切なペットが死んでしまったので、これからペット葬儀をしたいと思っていませんか。
今では参入している業者も多くなりましたので、どこの業者に頼むかを良く考えた方が良いです。
ペット霊園と言っても、場所によっても違いがありますから、火葬場から納骨堂まで完備したペット霊園を選ぶようにしませんか。
このようなところであれば、火葬してからすぐに納骨することができますので良いかもしれません。
ペット葬儀が終わった後に、火葬場まで車などで移動したり、そこからまた納骨堂まで移動するとなると大変です。
一日かかってようやく終了することがあるかもしれません。
今では、火葬場や納骨堂があるペット霊園も登場していますので、こう言うところを選んでみませんか。
家族の一員と考えている人が多いペットですから、死んでしまった時には深い悲しみで大変なはずです。
少しでも、自分たちの負担を軽くすることにも繋がるので、ペット霊園選びはこだわってみませんか。

"

著者:糟谷哲

筆者プロフィール

大阪府大阪市出身。
ペット葬儀のスタッフとして数多くのペットを見送る。
ペット葬儀に関する記事を多数執筆しています。