ペット葬儀のことをどれだけ知っている?大切なペットのために基本知識を抑えておこう!

このサイトではペット葬儀の基本知識や注意点について説明していきます。
犬や猫などのペットを飼っている方が多くいるはずです。
可愛い姿で癒してくれますし、子供の情操教育にも良い影響を与えてくれるため、飼うことが何もおかしくありません。
動物も寿命があるので、いつかは亡くなってしまいます。
亡くなった時にスムーズに対応できるように、基本的な部分はしっかり理解しておくことが求められます。
意外と知らない人が多いです。

ペット葬儀のことをどれだけ知っている?大切なペットのために基本知識を抑えておこう!

ペット葬儀で知っておきたい基本知識は、大きく分けて2つに分けることができることです。
自分で葬儀会社や寺院に連れていって行う方法と葬儀会社自宅まで移動火葬者で訪問して自宅で葬式を行うものです。
最近は訪問してもらうペット葬儀を選ぶ方が増えています。
また、ペット葬儀会社の正しい選び方も知っておくべきことです。
費用の安さだけで決めるのではなく、サービス内容などを比較して決める必要があります。
大事なペットのためなので、多少の出費は許容するべきです。

そもそもペット葬儀って何?その種類や特徴をチェック!

大切な家族の一員であるペットを供養するにあたって、ペット葬儀を依頼する人がほとんどとされています。
このペット葬儀とは、人の葬儀のように火葬を主として行うもので、犬猫といった基本的なペットから小鳥やハムスターといった多くの種類をカバーしているのが特徴です。
方式もいくつかあり、立会個別火葬は、家族とともに最後まで立ち会って行われます。
お経を聞き、線香を焚きます。
その後火葬場まで移動し、同じく家族とともに葬儀を完了するのが一連の流れです。
他にも個別一任方式というものもあり、この方式の特徴は本殿でのお別れが基本となっている点でしょう。
ペットが火葬されていく過程を見たくないなどの理由から、個別一任を選択する人も多いとされています。
最後に合同方式があり、これは文字通り他のペットと合同で葬儀を行うものです。
最も費用がかからないのが合同方式であり、一度に複数のペットが亡くなった際にも選択される方法となっています。

やっぱり費用が心配?ペット葬儀のプラン内容にふさわしい費用か見極めよう!

大事なペットを供養するにあたって、火葬にするケースがほとんどとなっています。
一方で、このようなペット葬儀においても費用はかかり、プラン内容も葬儀社によって異なるため事前にチェックしておくのが大切です。
ペット葬儀の特徴としては、体重によって決まるというものがあります。
プラン内容も大体はこのペットの大きさと体重をベースに提示されており、料金が大幅に異なっています。
たとえばハムスターや小鳥といった1キロ未満のペットにかかる費用は大体10000円弱が相場となっていますが、60キロ超えの超大型犬などの場合は最大で100000円が必要といった具合です。
つまり、ペット葬儀を依頼するうえで、ハムスターを供養したい場合に10000円を大幅に上回っている料金が提示されるのは相応しくないことになります。
大事なペットが亡くなったときには感情的になりがちですが、葬儀の料金は体重と大きさに比例するということは頭に入れておきましょう。

ペット葬儀のおおまかな流れを知っておけば、当日もスムーズ!

"

ペット葬儀の流れは、選択するプランによって違いはあるものの、おおまかな流れについてはどのプランも共通しています。
飼っているペットが亡くなったら、遺体を安置してペット葬儀を請負っている会社に連絡しましょう。
相談後、正式に申し込みを行ったら、葬儀を業者側に一任する場合は当日に間に合うようにペットを預け、立ち会いによる葬儀を選択した場合は当日にペットとともにペット葬儀場に向かいます。
合同火葬を選んだ場合は、他のペットともに火葬された後、業者が管理する合同墓地に埋葬されます。
火葬に立ち会う場合は、お別れ式を行った後に火葬を行い、その後は骨壷を自宅に持ち帰るか、霊園に埋葬するかのいずれかを行います。
お別れ式の進め方は人間の葬儀における通夜や告別式とおおむね同様で、僧侶による読経や参列者の焼香が行われます。
立ち会い無しの個別火葬を選択した場合は、お別れ式が無い点と、収骨・納骨がペット葬儀社のスタッフによって実施される点以外は立ち会い有りの場合と一緒です。

"

ペット葬儀の前に看取りの仕方を知っておくことも重要!

ペット葬儀の前に知っておきたいことといえば、看取りの仕方で葬儀に備える準備ではないでしょうか。
ペット葬儀は火葬して埋葬して終わりというほど単純ではなく、息を引き取ればしばらくして硬直が始まります。
その為、硬直が始まる前にリラックスしている姿勢を取らせたり、漏れ出たものを拭き取って綺麗に保つことが重要です。
筋肉が弛緩することで体液が漏れ出てしまいますから、使い古しのタオルなどを多めに用意して、お尻や耳などに当てたり塞ぐことが必要です。
看取りは安らかに眠るペットの側で最後の時を一緒に過ごすイメージですが、実際には非常に現実的で生々しく、飼い主が思い出に浸りながらお別れをする余裕はあまりないです。
ちなみに、無理に遺体を持ち上げたり抱きかかえようとすると、遺体を傷めてしまいかねないので避けるべきです。
一連の準備が済んだらペット葬儀社などに連絡をして、火葬を始めとした手配をしてもらう、これで飼い主は後のことを任せるのみではないでしょうか。

著者:糟谷哲

筆者プロフィール

大阪府大阪市出身。
ペット葬儀のスタッフとして数多くのペットを見送る。
ペット葬儀に関する記事を多数執筆しています。
ペット葬儀